読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーバー30みなみの日記。

30代独身女性。※質問はこちらにお願いします。 http://ask.fm/minami_nami_nami

オートクチュール展@三菱一号館美術館。

GWに1人でぷらっと美術館に行ってきました。

PARIS オートクチュール 世界に一つだけの服 |三菱一号館美術館(東京・丸の内)

お世話になっている 女史(※女子ではない)にチケットを頂いたので、報告義務もあり(笑)

とても素晴らしい展覧会でした。

f:id:minami_nami_nami:20160503130854j:plain

↑エントランス

よく利用するカフェが、併設されているcafe1894なのですが、三菱の財力のすごさを思い知らされます。岩崎弥太郎さんすごいなぁ。時代が変わっても、古くなるどころか重厚感を増し、全くあせない魅力をたたえている建築物。

そりゃ、お膝元の三菱地所は、この辺りの開発に余念がないよ、先代がいつもにらみを利かせている土地だものね。

 

f:id:minami_nami_nami:20160503132541j:plain

f:id:minami_nami_nami:20160503132316j:plain

f:id:minami_nami_nami:20160503132507j:plain

展示品の一部です。(館内写真OKのフロアもあります)

3枚目の写真、夜会服のマント。左が1930年代のもの、右が2010年代のもの。なんと80年経ってもまったくデザインが色あせないことに驚き。よいものは継承されるのね。

温故知新という言葉を思い出しました。

最近のものもあれば、100年前のドレスもあり、流行を追いつつも、それがデザインの野暮ったさになっていないことに感動しました。プリーツ1つとっても、どうやっておりこんでいるんだろうとか、この曲線を生み出す縫製はどれほどの技術をようするか、とか、服飾に全く詳しくない私でも、感性に響くような素晴らしさがありました。

縫製すごいよ縫製。

あと、袖と肩の部分が、一番難しいんだって。

肩は曲線だからわかるんだけど、袖もなんだね。へぇぇとうなずきの止まらない展覧会でした。

 

いってよかった!

チケットありがとうございました。