オーバー30みなみの日記。

30代独身女性。※質問はこちらにお願いします。 http://ask.fm/minami_nami_nami

30過ぎましたが女子会。

f:id:minami_nami_nami:20161205154905p:plain

シャレオツの代名詞、代官山で女子会。

三ヶ月ぶりかな。いつも定期的に誘ってくれる友人に感謝です。

集まるメンバーも変わらず3人。

変わっていくのは、身辺関係(笑)

変わらないほうがいいことと、変わったほうがいいこと。

我々にとっては後者歓迎。いいことです。

 

Look at the both sides of the shield.

conobie.jp

今はAさんの立場だが、いずれBさんと同じ立場になる(希望もある)ものとして、心に留めておきたい。

新しい関係。

先日行われた、やや大きい規模の飲み会で、友人カップルを見かけた。そして、かなり驚いた。

 だって、実はこの二人、「元夫婦」だったから。

続きを読む

ホームパーティーについての学び。

f:id:minami_nami_nami:20161128113431j:plain

楽しかった持ち寄り忘年会。

忘年会第一弾。 - オーバー30みなみの日記。

そこで学びがありました。

そう、一体どんな食べ物が喜ばれ、なにが残るのか?

続きを読む

久々に医者。

f:id:minami_nami_nami:20161125172729j:plain

社会人になってからこのかた、労災以外にはほとんど医者にかからなかったのだけど、久しぶりに「これは医者の処方箋をもらった方が早い」と思う案件があったので、近所の医者へ。

続きを読む

忘年会第一弾。

11月に早くも忘年会第一弾が予定されている。

「クリパ第一弾」とかじゃない所が良い。大人は忘年会。年を忘れてぱぁっと騒ぐのであるよ。

こずるい私は、みんなが普段食べられない美味しい肉とかうまい酒とか持って来てくれるのを知っていて、それにありつこうという算段(もちろん私も通常のパーティー予算くらいの品は持参しますw)。今年なかなか会えなかった友人とも会える貴重な機会。そして自宅の広いスペースを提供してくれる友人に感謝。ああ、年の瀬が近づくね。

男の本気度はここで見分ける〜私感2016年ver.

今年もあと少し(早)、ということでまとめっぽい記事を。

 Cf:男の本気度はここで見分ける〜私感2015年ver. - オーバー30みなみの日記。

 

男の本気度はここに出る!(あくまでも自分基準ですが)

前回は主語が「好きな女性に対して」でしたが、今回は主語を「好きな女性を」にして考えてみました。

好きな女性を……

続きを読む

肉が好き。

洋風しゃぶしゃぶ。

続きを読む

日本海と美味。

f:id:minami_nami_nami:20161119131047j:plain

曇り空の日本海

続きを読む

男癖は悪くない方が良い。

 

 

久しぶりに女子会。

クレバーな女性3人と一緒に食べるごはんと話は最高。

続きを読む

行かないってば。

f:id:minami_nami_nami:20161114110704j:plain

※最近お気に入りのコアリクイの威嚇の様子

 

しばらく連絡が途絶えていた元彼からまた連絡がきた。

自分が企画した展示会があるらしく、来て欲しいとのこと。

「へぇ、頑張ってね」とだけ返したものの、行くわけがない。

土曜日行かなかったら、日曜に「今日は来る?」とか連絡が来たし。

だから、行かないってば。「行かないよ」って返信すればよかったのか?

しかし、来ると思ってるほうがちょっと面倒な気もする。

スルーがよくないのか…。ちなみに、最後のメッセージは既読にする前にトークルームを消したので、延々既読にならないはず。

共通の友人の集まりで会うことがあっても、わざわざ会いには行かないよ、もう。

徹夜。

「トランプのせいで徹夜なんだけど私(怒)」という友人のチャットが。

やっぱり予期できないよねえ、イギリスのEU離脱といい、今回の件といい。

結婚願望がないのが悩み。

f:id:minami_nami_nami:20161105181104j:plain

@Grill Bistro enu by NODE UEHARA

https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131811/13182236/

 

関わっていた大きな仕事が一区切りついたので、大学時代の同期と夕ご飯。彼女の悩みは「結婚願望がないこと」

続きを読む

これはない。

なぜこのデザインでOKを出したのか、小一時間問いたい。

www.seiko-watch.co.jp

家と会社と友人の間だけじゃ満足できない。

先週は、世界に10人しかいないものづくりの技師さんと打ち合わせをしてきたのだけど、その技術があまりにすごすぎて、そのすごさをイマイチ理解していない私がとんちんかんな質問をくりひろげてしまうという失態。

同行した女史が「みなみちゃん、本当にすごい方なのよ、わかってないでしょう?」「それを思いつくこと事態がすごすぎるのよ」とのこと。反省。1つで数百から数億までの値段が付く技術。その人と直接お話ができる幸せ。しかし、反省。

 

それ以上に重要なのは、技師さんと打ち合わせをすること自体、本職ではできないことなのだということ。自分の知っている世界だけに留まることの、なんとつまらないことかと感じるようになってしまった。

会社と家の往復、休日ちょっと友達とランチ、旅行、美術館巡りetcなんて世界ではまったく満足できなくなってしまった自分がそこにいる。本職以外にここまでのめり込めるものができた幸せと、多忙さの中に身を埋めつつ、あともうちょっと、今がふんばり時なんである。